Juice=Juiceの横浜アリーナ(金澤朋子ファイナル)に参戦、セトリとコンサート全体の感想

2021/11/25

ハロプロ

 はじめに

2021年11月24日に横浜アリーナで行われた、「Juice=Juice Concert 2021 ~FAMILIA~ 金澤朋子ファイナル」に参戦してきました。この記事では、コンサートのセトリ、全体を通しての感想、新メンバーの活躍、金澤朋子の卒業について、所感を述べていきます。


今回は、アリーナCブロックという座席で、広い横浜アリーナだけあって、ステージそのものは見やすいけど遠くて双眼鏡必須でした。


セットリスト

コンサートのセトリは以下の通りです。


オープニングアクト

  1. デート前夜協奏曲 ハロプロ研修生ユニット
  2. Now Now Ningen BEYOOOOONDS


本編

  1. イジワルしないで抱きしめてよ
  2. Future Smile
  3. ロマンスの途中
    MC1
  4. DOWN TOWN ※7人
  5. Va-Va-Voom ※7人
  6. 好きって言ってよ ※7人
  7. 素直に甘えて ※7人
  8. ポツリと ※7人
  9. プラスティック・ラブ
    ダンストラック ※7人
  10. 如雨露 有澤、入江、江端
  11. プラトニック・プラネット 金澤、段原、松永、江端
  12. TOKYOグライダー 金澤、稲塲、工藤、有澤
  13. Wonderful World 金澤、井上、入江
  14. シンクロ。 金澤、植村
    MC2
  15. 「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの? ※7人
  16. 私が言う前に抱きしめなきゃね ※7人
  17. Fiesta! Fiesta! ※7人
  18. CHOICE & CHANCE
  19. Magic of LOVE(J=J 2015Ver.)
    MC3
  20. Familia
  21. Goal~明日はあっちだよ~
    アンコール
  22. あなたを想う帰り道 金澤
  23. 続いていくSTORY 金澤→全員
    MC4(金澤スピーチ、各メンバーからのコメント)
  24. 未来へ、さあ走り出せ!


※7人の表記は、新メンバー以外での披露


ステージ構成

ステージ構成は、Aパターンでしたが、ステージはより鋭角なレイアウトで、サイドや後方にもアリーナ席、スタンド席共に座席はあって、結構多くの人が入っていました。


ステージは、アリーナ席にかかる部分は階段状になっていて、そこまで広々と使っていました。また、アリーナの外周も使って、こういうステージの使い方が出来るのも横浜アリーナの強みです。尚、花道はありませんでした。


コンサートの感想

オープニングアクト

17:40にオープニンアクトは始まりました。まずはハロプロ研修生ユニットの登場です。ひとりずつ自己紹介をした後、新曲初披露です。なかなか楽しそうな曲調でした。

続いてBEYOOOOONDSの登場です。Now Now Ningenを披露しました。


本編

定刻より5分遅れの18:05に開演しました。10人でのパフォーマンスから始まりました。Future Smileでは、間奏で有澤のバイオリンが見られるかなと思いましたが、残念ながら披露はありませんでした。

MCの後は、新メンバー以外の7人でのパフォーマンスが続きました。新曲のプラスティック・ラブで再び合流、その次は新メンバーだけの如雨露を披露となりました。その後は、金澤を中心に数人ずつシャッフルした感じでのパフォーマンスが続き、7人でのパフォーマンスから全員でのパフォーマンスと続きました。

Magic of LOVEとGoal~明日はあっちだよ~では、外周ステージも使ったパフォーマンスとなりました。ステージから遠い席でも、この位近くにきてくれれば、いいファンサービスになりますね。ところで、「ここだよ朋子」に繋がるパートは、今後誰になるのでしょうか、凄く気になります。


アンコール(卒業セレモニー)

アンコールは、会場全体が手拍子で「ともこ」を表現していました。そして、真っ赤なドレスに身を包んだ金澤が登場し、オリジナルのソロ曲をしっとり歌い上げました。続いていくSTORYでは、金澤ソロに始まり、後に階段状のステージに各メンバーが登場するという演出でした。

そして、卒業への思いを込めた金澤のスピーチです。詳細は、以下のサイトに全文が載っていますので、ご覧になってみて下さい。

Juice=Juice金澤朋子が卒業「また必ず笑顔で、お会いしましょう!」【スピーチ全文】 | ORICON NEWS 

スピーチの最中、何か目頭が熱くなってくるのを感じました。年取ってくると、涙腺も弱くなってくるのかな~。

その後、新リーダーが植村になる事が公表されました。そして、各メンバーから金澤へのメッセージです。ここも涙腺が弱くなるポイントです。

ラストは、Juice=Juiceらしく明るい曲で締めました。外周ステージを使ったパフォーマンスで良かったです。

最後に肉声で「ありがとうございました」の挨拶、横浜アリーナ全体に響き渡りました。退場後も、鳴り止まない拍手に再びメンバーが登場、全員揃って一礼して退場となりました。

終演は20:25でした。


新メンバーの活躍

つばきファクトリーの時もそうですが、新メンバーはフル出演とはなりませんでした。しかし、新メンバーだけの如雨露を披露したり、シャッフルしたパフォーマンスでも新メンバーがそれぞれ散ったメンバー構成となったりと、見所は結構ありました。今後、フルステージに立つ事になると思いますし、何より歌割りの変更とかも含めて、楽しみだったりします。

あと、有澤のバイオリンは見たかったなあ。


全体を通して

宮本佳林の卒業からちょうど1年経過して、その間に高木紗友希も脱退して、Juice=Juiceどうなっちゃうんだろうって思っていましたが、今回の公演を観て、その不安は払拭されました。新メンバー以外の7人でも十分に任せられる、これに金澤が卒業して、新メンバーが加わって、どのように進化していくのか、楽しみです。

そして、発声禁止が酷とも言えるようなセトリでしたが、禁止事項をしっかり守るハロヲタのモラルの高さも素晴らしいです。

Juice=Juiceのメンバーが中心となって作り上げたステージパフォーマンスと、それを見届けるJuice=Juiceファミリーが合わさる事で、より良いコンサートになりました。


Graduation Flower Project

ファンクラブにて企画されたもので、ファンの皆様のお気持ちをお花に代える企画となっております。

ファンクラブ会員限定企画 金澤朋子「Graduation Flower Project」受付のお知らせ

実際にフラワーモニュメントを見てきましたが、素晴らしいです。ドレスをあしらったフラワーモニュメントとなっていました。


終わりに

「Juice=Juice Concert 2021 ~FAMILIA~ 金澤朋子ファイナル」に参戦してきた内容について述べさせて頂きました。横浜アリーナという、大きな舞台でのコンサートを成功させた事は、Juice=Juiceのメンバーにとって自信になると思います。金澤の卒業は寂しい事ですが、これからの9人体制で新しいJuice=Juiceのストーリーを作り上げていく事が楽しみです。これからもJuice=Juiceファミリーとして、見守り続けたいです。

そして、金澤もまずは体調優先で、いつかM-lineを通してステージに戻ってくる事を期待したいものです。


卒業に関しての所感については、以下の記事にて触れていますので、併せてご覧頂ければ幸いです。

Juice=Juice金澤朋子の卒業についての所感


新メンバーに関しては、以下の記事にて触れていますので、併せてご覧頂ければ幸いです。

Juice=Juiceの新メンバー追加と今後の活動に関する考察


オープニングアクトで登場したハロプロ研修生ユニットに関しては、以下の記事にて触れていますので、併せてご覧頂ければ幸いです。

ハロプロ研修生ユニットの紹介と、今後の活動に関する考察


最後に、会場に届いていた花を紹介します。










ハロプロ観るならU-NEXTがお勧め。

アップフロントチャンネルで、過去のハロプロ映像を数多く配信しています。

以下のバナーよりオフィシャルサイトへアクセス出来ます。

アクセス先にて、検索窓に「アップフロントチャンネル」と入力して検索すると、どのような映像作品を配信しているのか確認する事が出来ます。

最初の31日間は無料でご利用できます。


にほんブログ村 芸能ブログ ハロー!プロジェクトへ
にほんブログ村


ハロー!プロジェクトランキング

スポンサーリンク

ブログ アーカイブ

ブログランキング

QooQ