ホンダADV160が2023年1月26日に発売、ADV150から変わった点を解説

スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

2023年1月26日にホンダからADV160が発売されるというアナウンスがありました。

この記事では、先代のADV150から何が変わったのかを中心に解説しています。

スポンサーリンク

ADV150の後継車種、ADV160について

ADV150は、PCX150をベースに、アドベンチャー要素を取り入れた、新しいジャンルのスクーターとして人気がありました。その後、PCX150はPCX160へと進化して、ADV150もADV160として出てくるのではないかと噂されていました。実際、2022年8月にインドネシアで、2022年10月にはタイでアナウンスがありました。そして2022年10月28日に、2023年1月26日にADV160を国内販売する事が正式にアナウンスされました。

アドベンチャースタイルの軽二輪スクーター「ADV160」を発売

カラー展開は、以下の3色になります。

マットダリアレッドメタリック

マットガンパウダーブラックメタリック

パールスモーキーグレー

スポンサーリンク

ADV150からの変更点

先代であるADV150からの主な変更点は、以下の通りです。

  • 排気量が156ccにアップ
  • 新エンジン「eSP+(イーエスピープラス)」を搭載
  • 新形状フレームの採用
  • シート高を下げる事による足付き性の向上
  • フロントスクリーンの大型化
  • スピードメーター周りの変更
  • ラゲッジボックスの容量アップ
  • フロントインナーボックス内にType-AのUSBポートを設置
  • Honda セレクタブル トルク コントロールを装備

排気量アップと新エンジン搭載は、ベースとなるPCX160に追従するような進化となっています。eSP+エンジンは、従来の2バルブから4バルブを採用しています。出力性能が上がるだけでなく、令和2年排ガス規制にも対応し、環境に配慮されたエンジンとなっています。

HONDAオフィシャルサイトより引用

シート高については、ADV150が795mmだったのに対して、780mmとなっています。元々、ADV150は、スクーターの割には足付き性が良くなかったため、わずか15mmでもシート高が下がるのは歓迎です。

フロントスクリーンも大型化されました。ADV150では、フロントスクリーンを大型のものに替えていた方もいるみたいでしたが、大型化される事で、こういった煩わしさからも解放されます。

スピードメーターは、格好いい仕上がりになっています。しかも、タコメーター付きです。その代わり、ADV150で装備されていた燃費のインジケーターは廃止になりました。

HONDAオフィシャルサイトより引用

ラゲッジボックスは、ADV150の27Lから29Lにアップしました。

HONDAオフィシャルサイトより引用

フロントインナーボックス内には、ADV150ではシガーソケットでしたが、ADV160からType-AのUSBポートが設置されました。これは便利ですね。

Honda セレクタブル トルク コントロール、いわゆるトラコンについては、PCX160に搭載したものを継承した事になります。まあ、同じエンジンなので、この辺りの構造は変更なかったという事ですね。

こういった事から、ADV150オーナー目線でも、これからバイクを選びたいと思っている方にも、注目されるものとなっております。

ADV150とADV160のスペック違い

主な変更点については先述の通りですが、詳細なスペック面ではどのような変化があったのか、一覧表にしてみました。変更された箇所については、色付けしています。

ADV150ADV160
車名・型式ホンダ・2BK-KF38ホンダ・8BK-KF54
全長1,960mm1,950mm
全幅760mm760mm
全高1,150mm1,195mm
軸距1,325mm1,325mm
最低地上高165mm165mm
シート高795mm780mm
車両重量134kg136kg
乗車定員2人2人
燃料消費率国土交通省届出値:
定地燃費値
54.5km/L〈2名乗車時〉52.0km/L〈2名乗車時〉
WMTCモード値44.1km/L〈1名乗車時〉42.5km/L〈1名乗車時〉
最小回転半径1.9m1.9m
エンジン型式KF38EKF54E
エンジン種類水冷4ストロークOHC単気筒水冷4ストロークOHC4バルブ単気筒
総排気量149cc156cc
内径×行程57.3mm×57.9mm60.0mm×55.5mm
圧縮比10.612.0
最高出力15PS/8,500rpm16PS/8,500rpm
最大トルク1.4kgf・m/6,500rpm1.5kgf・m/6,500rpm
始動方式セルフ式セルフ式
燃料供給装置形式電子式〈電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)〉電子式〈電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)〉
点火装置形式フルトランジスタ式バッテリー点火フルトランジスタ式バッテリー点火
燃料タンク容量8.0L8.1L
変速機形式無段変速式(Vマチック)無段変速式(Vマチック)
タイヤ110/80-14M/C 53P110/80-14M/C 53P
130/70-13M/C 57P130/70-13M/C 57P
ブレーキ形式油圧式ディスク(ABS)油圧式ディスク(ABS)
油圧式ディスク油圧式ディスク
懸架方式テレスコピック式テレスコピック式
ユニットスイング式ユニットスイング式
フレーム形式ダブルクレードルアンダーボーン
価格(消費税込み)451,000円473,000円

エンジンについては、内径が大きくなって、ショートストローク化されました。これにより、圧縮比も向上しています。この辺りは、PCX160と共通仕様になっていますね。

価格は、ADV150から22,000円高くなりました。昨今の円安傾向から値上げは仕方ないところですが、それでもこの程度の値上げで済んだのは、企業努力もあるんでしょうね。

ADV160に期待すること

ADVシリーズは、750ccのX-ADVを筆頭に、海外ではフォルツァベースのADV350が存在します。このシリーズの弟分的な存在として、ADV150があった訳ですが、これがADV160として進化を遂げる事になりました。見た目もそうですが、装備面でもADVシリーズとして満足させてくれる仕上がりになっていると思われます。

スクーターという特性上、街中でも手軽に扱えます。しかも、ツーリングに行こうとなれば高速道路も通行できる、多少のダートでも入っていけるという、走りの魅力を存分に味わえるバイクかなと思われます。

このようなバイクがピッタリなシチュエーションは、やっぱり北海道かなと思います。ポジションも楽だし、トコトコ走っていれば燃費も稼げるし、ちょっとしたダートにも入っていけるというのは、北海道ツーリングを楽しむ上では欠かせない存在ですね。

終わりに

ホンダのADV160について、先代となるADV150との比較を中心に述べさせて頂きました。

やっと国内販売が決まって、待ち望んでいる方も多い事でしょう。私としては、待ち望んでいたという気持ちと、海外で販売されているADV350、フォルツァベースを考えると国内展開されるとしたら250ccになるのでしょうが、こちらの情報も待ち望んでいるという気持ちが半々です。

すぐに欲しいという訳ではありませんが、次期マシンの候補として考えてもいいですね。

発売後には、試乗やレンタルバイクを利用する機会もあると思われるので、乗ってみたいと思います。

にほんブログ村 バイクブログ バイクライフへ
にほんブログ村


全般ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました