Windows11へアップグレード、通知が来てからインストールする手順を解説

2021/10/24

IT関連

 はじめに

私のパソコンに、Windows11へのアップグレードを促す通知がきましたので、早速Windows11にアップグレードしました。この記事では、どのような流れでアップグレードしていくのかについて解説しています。

それでは、順を追って述べていきます。


ダウンロードとインストール

設定アプリからWindows Updateを開くと、以下のようが画面が表示されます。


この通知が来ると、Windows11へのアップグレードが可能となります。アップグレードは無料です。

「ダウンロードしてインストール」をクリックすると、ダウンロードが始まり、続けてインストールが始まります。100%まで達すると、以下のようなポップアップが出てきます。


先ほどの設定画面には、以下のような表示に変わっています。


再起動

上記の画面にて、「今すぐ再起動する」をクリックすると、パソコンが再起動します。インストールしていく過程で、何度か再起動を繰り返しますが、異常ではありません。その後、ログイン画面が表示されます。


ログインして完了

Windowsにログインすると、インストール作業は完了です。パソコンの環境は、Windows11になっています。


Windows Updateを忘れずに

インストールまで終わってひと安心と言いたいところですが、ここで更新プログラムを最新にしておきましょう。設定アプリからWindows Updateを選び、更新プログラムをチェックしましょう。


使用感

全体的にユーザーインターフェースが変わりました。

大きな点としては、スタートキーやタスクバー上のアイコンが、真ん中よりになった事ですね。Windows95以降、スタートキーは左端という事が当たり前の状態でしたので、この点は慣れが必要ですね。

更に、スタートキーを押した後に表示される情報も、Windows10と異なっていますので、これが使いやすいのか使いにくいのかは、何とも言えません。

Windowsアクセサリーのフォルダがなくなりました。このため、メモ帳、電卓、ペイントといった、割とよく使うと思われるアプリは、全てのアプリから探す必要があります。


終わりに

Windows11へアップグレードした内容について述べさせて頂きました。ユーザーインターフェースが大きく変わった点については、使い込んでいけば慣れてくると思います。

私の環境では、アップグレードに要したのは1時間程度でした。時間はそれなりに掛かりましたが、手順そのものは難しくなく、「ダウンロードしてインストール」と「今すぐ再起動する」をクリックしただけです。

アップグレードそのものは簡単ですが、新しくなって使用感に戸惑うかもしれませんが、いつかこれが当たり前になってくるのかなと考えております。

尚、アップグレードを行う際は、データのバックアップを取っておく事をお勧めします。このようなアップグレードにはトラブルが発生するリスクを伴います。ちなみに私は、特にバックアップを取ることなく成功しました。とは言え、バックアップを取らずにアップグレードするに当たっては、自己責任でお願いします。


関連記事

Windows11については、以下の記事でも紹介しています。

Windows11でエプソンのスキャナが使えない?発生事象と対処法を解説


スポンサーリンク

ブログ アーカイブ

ブログランキング

QooQ