三崎へまぐろを食べに行くツーリング、鮮味楽のまぐろ丼を紹介

2021/10/11

バイク

 はじめに

2021年10月9日、トリシティで、三崎へまぐろを食べに行くツーリングをしてきました。本記事では、その様子を述べていきます。


道中

9:30頃に出発し、国道357号、国道16号、国道134号と走って、三浦海岸から県道215号に入りました。この県道215号は、三崎に行く時は必ず通っているルートで、交通量も比較的少なくて、適度なワインディングと海沿いを通る所もあって、走っていて気持ちいいです。ただこの日は、交通量も多くて、ずっと車が数台連なる後ろを走っていました。まあ、この方が、安全な速度で景色を見ながら楽しめますね。

三崎に到着して、うらりマルシェの駐輪場にバイクを止めてから、お店探しの始まりです。



この日訪れた鮮味楽を紹介

三崎へまぐろを食べに行く時は、いつも事前リサーチをした事がないです。散策しながら、直感でお店を決めて入るといった感じです。この日は、うらりマルシェから道路を挟んで反対側にある、鮮味楽というお店にしました。


以下に、オフィシャルサイト、食べログのサイトを紹介します。

三崎まぐろと地魚料理店 鮮味楽 - せんみらく

鮮味楽-食べログ


住所 三浦市三崎5-5-1

電話 046-881-0961

駐車場 有り(専用駐車場、提携駐車場)

席数 75席

営業時間 11:00~21:00

定休日 火曜日定休

カード払い不可

禁煙


まぐろ丼を食べました

三崎港老舗まぐろ問屋直営のまぐろ料理店という事だけあって、メニューもまぐろ中心に色々とあります。その中から、まぐろ丼を注文しました。本当は、中トロ・大トロ丼にしようかと思いましたが、流石に高すぎるため、諦めました。写真はどんぶりメニューのページのみですが、他にもまぐろの寿司もあります。


いよいよまぐろ丼とのご対面です。赤身、トロといったまぐろの各部位がバランス良く、しかもきれいに盛られていて、見ているだけで美味しさが伝わってきます。どんぶりを中心に、みそ汁と漬物がついていました。これで1,900円(税込み2,090円)です。



実際に食べてみての感想ですが、とても美味しかったです。まぐろもやや厚めにカットされていますので、食べ応えがあります。赤身はまぐろの旨みがしっかりしていました。トロは適度な脂乗りで、これまた口に入れると程よく脂が溶け出してくる感じで、絶妙な食感でした。まぐろの各部位の美味しいどころ取りの組み合わせで、満足しました。


デザートはソフトクリームと缶コーヒー

食後はうらりマルシェに移動して、自販機で缶コーヒーを買いました。施設内のテーブルで缶コーヒーを飲んでいると、ソフトクリームを持ち歩いている人を見掛けたため、触発されるかのごとく売店を探して、ソフトクリームを買ってきました。ちなみに350円です。こうして、ソフトクリームと缶コーヒーというデザートタイムに突入です。ソフトクリーム、普通に美味しかったです。


城ヶ島大橋を走りました

ここまでで、この日のミッションはほぼ達成しましたので、後は帰るだけです。ただ、ここまで来たのですから、とりあえず城ヶ島大橋を走ろうという事になりました。城ヶ島そのものに目的があった訳ではありませんので、城ヶ島大橋を渡って、城ヶ島でUターンしてきただけです。

この城ヶ島大橋は最近まで有料道路でしたが、今は無料開放されていて、料金所は跡形もなく撤去されていました。海の上を橋で渡るというシチュエーションは、走っていて気持ちがいいですね。


YouTubeにも動画Upしています

今回のツーリングの様子は、YouTubeにも動画Upしています。こちらでは道中の走行動画を中心に流しながらツーリングの様子をお話しています。併せてご覧頂ければ幸いです。



終わりに

久々のツーリングを楽しんできました。この日の走行距離は約140KM程度と、日帰りツーリングにしては短めとなっています。しかし、美味しいものを食べに行くという目的を持っていると、ツーリングの楽しみもそれだけ大きなものになります。

最近は体調も安定しない時期が続いていたり、特に夏は暑くてバイクに乗る気すらありませんでしたが、やっぱりツーリングは楽しいなあ。これから暫くはバイクに乗るのにいい季節ですので、無理のない範囲でツーリングを楽しみたいと思います。


にほんブログ村 バイクブログ バイクライフへ
にほんブログ村


全般ランキング

スポンサーリンク

ブログ アーカイブ

ブログランキング

QooQ