つばきファクトリーの日本武道館公演に参戦、セトリとコンサート全体の感想

2021/10/19

ハロプロ

 はじめに

2021年10月18日、つばきファクトリーコンサート2021「CAMELLIA~日本武道館スッペシャル~」に参戦してきました。この記事では、コンサートのセトリ、全体を通しての感想、新メンバーの活躍について、所感を述べていきます。


今回は、アリーナ席のN5ブロックという、後ろから見る事が多い座席ながらステージに比較的近かった事もあり、久しぶりに双眼鏡なしでコンサートを楽しむ事が出来ました。


最初に結論から言うと、セトリ、12人でのパフォーマンス共に良かったです。これらについて、順を追って述べていきます。


セットリスト

コンサートのセトリは以下の通りです。


オープニングアクト

  1. ミステイク ハロプロ研修生ユニット
  2. ニッポンノD・N・A! BEYOOOOONDS


本編

  1. 初恋サンライズ
  2. ガラクタDIAMOND
  3. 低温火傷
  4. ふわり、恋時計
    MC1
  5. 春恋歌 ※8人
  6. 意識高い乙女のジレンマ ※8人
  7. メドレー ※8人
    青春まんまんなか!
    気高く咲き誇れ!
    独り占め
    Just Try!
    笑って
    就活センセーション
    I Need You~夜空の観覧車~
  8. ハッピークラッカー ※8人
    MC2
  9. うるわしのカメリア ※河西、八木、福田、豫風
  10. 愛は今、愛を求めてる ※8人
  11. 恋のUFOキャッチャー ※8人
  12. 光のカーテン ※8人
    MC3
  13. 約束・連絡・記念日
  14. 断捨ISM
  15. 表面張力~Surface Tension~
  16. 足りないものを埋めてゆく旅
    ---アンコール---
  17. 涙のヒロイン降板劇
    MC4
  18. 今夜だけ浮かれたかった
  19. マサユメ


※8人の表記は、新メンバー以外での披露


ステージ構成

今回のステージ構成は、センターステージで、そこから花道が延びていました。センターステージ上にモニターがありましたので、どのエリアからも見やすいステージ構成でした。参考までに、以下のような感じです。ふかがわさんのTwitterより引用させて頂きます。


コンサートの感想

オープニングアクト

開演15分位前になって、ハロプロ研修生ユニットが登場しました。ひとりずつ自己紹介をした後、ミステイクを披露しました。佳林ちゃんのライブで4人バージョンを見た事がありますが、8人バージョンは初めて見ました。

歌い終わると、入れ替わるようにBEYOOOOONDSの登場です。ここで、まさかのニッポンノD・N・A!でした。Bメロで誰か歌詞飛ばしてました。ノリノリで見ていたので、後で思い返しても思い出せませんでした。あと、フルコーラスではありませんでした。なので、間奏での青年の主張がなかったのが残念かな。


本編

定刻通りに開演し、いきなり12人での初恋サンライズから始まります。しかも、新メンバーにもソロパートがあって、特にサビ前の「こんな気持ち、初めて」という台詞が福田だったのには、マジかよって思いました。今まで知っているつばきファクトリーとは違った印象を持ちました。新メンバーが加わった事で、こんなにも変わるものなのかと思い知らされました。

新曲を交えながら4曲連続で続き、最初のMCです。ここでは自己紹介が行われました。

その後は、新メンバー以外の8人でのパフォーマンスが続きます。特にメドレー、青春まんまんなか!って8人で披露したことあったっけ?とか思いながら見ていました。インディーズからメジャーデビュー初期の曲が続いた事で、胸アツな流れですね。

ハッピークラッカーの後奏から新メンバーが再び登場し、新メンバー以外は曲が終わると同時に退場です。新メンバーだけのMCでは、好きな花と花言葉という内容でした。そして、4人でうるわしのカメリアを披露です。堂々とした様子でパフォーマンスしていました。

この後は、衣装チェンジした8人が登場して、新メンバーと入れ替わります。3曲続いた後のMCで、衣装チェンジした新メンバーと合流です。ここでは、この日が福田の誕生日という事に触れた内容が語られました。ハピバ歌唱がなかったのがちょっと残念だったかな。

ここからはラストスパートで、12人でのパフォーマンスが続きました。

アンコールは、会場全体が手拍子で「つばき」を表現していました。

そしてアンコールは、新曲から始まります。MCでは、各メンバーからの挨拶があって、ラスト2曲もノリのいい曲が続きました。

公演時間は1時間50分位で、曲数も少な目に見えますが、実際メドレーもワンコーラスずつでしたので、見た目以上にボリュームがありました。


新メンバーの活躍

新メンバーにとっては、つばきファクトリーとして初めて立つステージが日本武道館という事で、緊張するだろうなあと思いました。しかし、ステージ上では、そのような事を感じさせず、堂々とパフォーマンスをしていました。

新曲でソロパートがあるのはYouTubeで配信されているPVを見て知っていましたが、既存の曲にもソロパートが用意されていました。期待の大きさを感じる事が出来ました。

勿論、裏では色々と大変な思いをした事だと思います。12人としてのパフォーマンス、4人だけでの披露と、レッスンも大変だったと思います。出番も全体の約半分位なのですが、それでも全てが初めての経験続きです。歌割り覚えたり、ステージ上の立ち位置覚えたりと、大変だった事でしょう。

特に、初披露のステージが通常とは違うセンターステージという特殊なレイアウトで、普通でも立ち位置や向きといった事を覚えるだけでも大変なのに、よく頑張ったと思います。

新メンバーの4人には拍手を送りたいです。


今後に期待したい事

日本武道館公演を成功させた今、次に何を目指すのかと言われると、なかなか思い付きません。ありふれた事になりますが、新メンバーの更なるスキルアップに期待したいものですね。これが、つばきファクトリー全体としての底上げにも繋がります。今のご時世、単独でのコンサートもほとんど出来ない状況が続いていますが、平時に戻ったら、ホールツアーの実現、日本武道館のような大きなステージでコンスタントにコンサートを行えるようなグループになって欲しいものです。

また、会場前には花が送られていましたが、もっと多くの花が並ぶような、知名度やパフォーマンス力を上げて欲しいものです。



終わりに

つばきファクトリーコンサート2021「CAMELLIA~日本武道館スッペシャル~」に参戦してきた内容について述べさせて頂きました。ステージが比較的近かった事もあり、アリーナ席ならではの雰囲気を味わう事が出来ました。ただ、後ろ姿を見る事が多かったのはちょっと残念でしたが、こちらを向いた時はやっぱり近いですね。

セトリも全体的に良かったし、12人のパフォーマンスも良かったです。日本武道館という大きなステージでのコンサートを成功させた事も、大きな自身になるでしょう。今後も、つばきファクトリーの活躍から目が離せませんね。


新メンバーに関しては、以下の記事にて触れていますので、併せてご覧頂ければ幸いです。

つばきファクトリーの新メンバー追加と今後の活動に関する考察


オープニングアクトで登場したハロプロ研修生ユニットに関しては、以下の記事にて触れていますので、併せてご覧頂ければ幸いです。

ハロプロ研修生ユニットの紹介と、今後の活動に関する考察


最後に、つばきファクトリーのオフィシャルInstagramに投稿された写真を引用します。


関連記事

2021年のハロプロ関連総括、現場参戦、コンサートのTV試聴の振り返り




ハロプロ観るならU-NEXTがお勧め。

アップフロントチャンネルで、過去のハロプロ映像を数多く配信しています。

以下のバナーよりオフィシャルサイトへアクセス出来ます。

アクセス先にて、検索窓に「アップフロントチャンネル」と入力して検索すると、どのような映像作品を配信しているのか確認する事が出来ます。

最初の31日間は無料でご利用できます。


にほんブログ村 芸能ブログ ハロー!プロジェクトへ
にほんブログ村


ハロー!プロジェクトランキング

スポンサーリンク

ブログ アーカイブ

ブログランキング

QooQ